2008年11月17日

競馬の教科書

有馬記念2008も近づいてきました。

昨日は武豊が落馬するという、状況を目の当たりにしました。

さて年末に向けて、有馬記念をはじめ競馬で勝負するシーズン到来です。

今ここに競馬で勝ちたい人が最低限知っておくべき知識をまとめた
情報があります。


私自身、今でこそ4年連続プラス収支というのを達成していますが、
その前に、約9年間負けていた過去があります。

勝てていないときは何をやっても駄目で、
予想会社や競馬本出版社のいいお客さんでした。
かれこれ300万円以上は使ったと思います。

そんな負け続きだった私が、
負けていた時と勝てるようになってから意識していることを
まとめたのが、今回執筆した「競馬の教科書」になります。

実際問題として、負けていた時と今って、
そんなに大した違いはありません。
ただ、ちょっとの知識が欠けていただけなんですね。
その"ちょっと"を満たすのが「競馬の教科書」です。

競馬新聞の調教欄をどう見るかとか、データ分析の方法とか、
ちょっとやり方を変えるだけで、回収率はアップすると思います。
詳細は、販売サイトにてご覧ください。

▽競馬の教科書
http://www.infotop.jp/click.php?aid=7393&iid=27138


P.S
ただいま、販売開始記念特別価格として先着1,000名様限定価格として、1,500円で提供させていただいております。

この販売開始記念特別価格での残り販売数は、
販売サイトの一番下の「お申込みはこちら」をクリックしていただければわかります。


【先着1,000名様特別価格】競馬の教科書
posted by 有馬記念2010研究会 at 22:47 | 有馬記念予想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。